2014年2月3日月曜日

☆2月4日のeCard「entangle・絡む」

絡まって身動き取れない時は無闇に行動しないこと。冷静さを取り戻して切り口を探しましょう。


entangle
絡む

糸などを縺れさせる 縺れる 絡ませる 絡む 絡まる 引っかかった 引っかかる 人を落し穴や困難などに陥れる 巻き込む 陥る 巻き込まれる 動きがとれなくなる 困難な状況に関与する 分からなくなる 混乱する


【正位置】整理整頓 境界線 直線化 図式化

【逆位置】

共依存 優柔不断さ 打算的な考え 無闇な行動

周囲の人々との関係性がもつれた関係、ややこしい状態になっていませんか?

仕事やプロジェクトが空回りしていないでしょうか?

紐がもつれた状態というのは、解りにくい、直線的でない、デスクの下で絡んでいる沢山のコードのようなものです。

ラベル を貼って整理されてなければ、コンセントのどこに何のコードが 射し込まれているのか、たぐって本体まで行き着かないと解りません。

仕事の進み具合も、人間関係のイザコザも、境界線の曖昧 さを整理整頓し始めると直線化します。

どこまで入って来て良い のか、どれだけ深く干渉して良いのか相手に知らせる方法を編み出して習慣にしましょう。

絡まれるのは、その状況へ導いた原因を自分で作っているから。

曖昧なつき合い方のルールを自分の中 で明確にしてください。

付き合いの中で自分がどんな打算を持っているかを深く考えてみましょう。

この時のために必要だからと 打算があると曖昧さを許してしまいがちです。

自分が何を期待していて、付き合いの中で欲しいものは何か?

何を見えない交換条 件にしているのか考えてみましょう。

曖昧さの中で両天秤を掛け ていると、どっち付かずで振り回され、出口がないように思えて きます。

最も重要なのは、ややこしくて難解な人物や関係に自分から首を突っ込まない、巻き込まれないこと。

縛り縛られるゲー ムはSMのようなもの。

縛られて嬉しくない人は、縛る人とは距離 を置きましょう。

一気に近づかずに良く観察し、巻き込む人、掻 き混ぜる人に近づかないルールを持つことです。

まず始めに相手 の隠れた意図を察する。

常に何かの接続口や吐き出し口を探して いる人は、一人では安定できないタイプの人。

気を許すとどこか らでも入ってこようとします。

接続を許して絡まれるとエネル ギーと時間を吸い取られ始めます。

相手が可哀想と思う気持ちがないかチェックすることも大切です。

可哀想だから許すことと、幸せになって欲しいことは違います。

そこで自己犠牲を払わず、 適切な差し込み口へ誘導しましょう。

相手を救うだけの度量と技 術が無いのであれば、引き下がって得意な人に任せること。

関係 性の中で現れる自分の感情は、相手を通して自分の中から現れるもの。

自分の中に同じものがあれば、同じ傾向を引き寄せやす く、同調して共感しやすいからです。

相手は自分の鏡。


自分も誰 かに対して同じ事をしていないか振り返ることも大切です。


【Synonyms:同義語】
compromise:妥協, 和解, 歩み寄り complicate:複雑 intertwine:絡み合った implicate:関係 させる, 巻き込む embarrass:恥ずかしい思いをさせる, きまり 悪がらせる bewilder:当惑, まごつかせる perplex:困らせる, 混乱させる


【Related Words:関連語】
intrigue: 陰謀を企む snare:罠 ensnarl:網の目に絡まる bola:投げ縄 ensnare:罠で捕らえる mesh:メッシュ mire:ぬ かるみ entanglement:もつれ ravel:ほつれ, 混乱, 錯雑 engage:請け合う, 保証する

☆2014年1月22日

▶まか〜ウラのクレアヴォヤンス基礎コース


セッションのご予約・お問合せ
ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com


※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻って来てしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。 


▶その他のサービス内容はコチラへ 

▶まか〜ウラのプロフィールはコチラ


▼メルマガでお知らせが届きます☆
メルマガ購読・解除


 
一日一回クリックしてね☆

 




英語

アマゾン読者レヴュー ★★★★★



 [単行本(ソフトカバー)] 価格:¥ 1,890

世 界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピ リュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。   

   

0 件のコメント:

コメントを投稿