2014年12月8日月曜日

☆12月8日のeCard:遭遇・encounter

今までに出会ったことがない何か、経験したことがない出来事、新しい人物との出会いなどが現れる可能性があります。

自分の中の経験値を超えた何かと対面する時の心得は、客観性を保つこと。

自分の内面がいったいどんな反応をするのか冷静に観察するように心がけましょう。

自分以外の何かとの対面を通じての経験は、自分の外交力の本質が現れる時です。

感情に振り回されて対応するのではなく、理性を持って冷静にことを進めましょう。


“予想外の出会いで現れるのは、心の奥に隠れている精神状態と、自分の許容量と制限の大きさです”


encounter
遭遇

危険・困難・妨害などに遭う 直面する

災難などが降りかかる

偶然出会う 出くわす

邂逅(かいこう)する

立ち向かう 敵と遭遇・交する

遭遇する 交戦する 対抗する

対戦する 遭遇戦 試合

Synonyms:同義語
confrontation:対決、直面  appointment:任命、選任、約束すること、取り決め engagement: 婚約 experience: 経験 rendezvous:待ち合わせ、約束による集合、ランデブー

Related Words:関連語

encounter session: 遭遇セッション meet:会う、落ち合う、出会う one-night stand: 一晩だけの興行 fight: 戦い、戦闘、合戦 battle: 戦い、戦闘、交戦、会戦 bout:一試合、勝負、競争、張り合い bide: 〜を待つ、好機を待つ、〜に耐える anamnesis:追憶、回想、想起、病歴


何か予期していない人物や何かに遭遇する可能性を示唆しています。

それは友人知人、または見知らぬ人との新しい出会いかも知れません。

事前に予定されていなかった偶然の出会いは、相手によって様々な感情を沸き上がらせます。

幼なじみと出会ったら懐かしい記憶と同時に時代の移り変わりも感じるでしょう。

昔の恋人とはち会ったら複雑な心境になるかも知れません。

過去のしがらみや、嫌な経験に関係する人物なら心が掻き乱されると思います。

では見ず知らずの人に声を掛けられたらどんな反応をするでしょうか? 

外国人や、自分が理解できない言葉を話す人、全く異質な世界観や宗教観、生活習慣を背景に持つ人との出会いによる反応はどうでしょう? 

異文化からの人々に対面した時に、 出会った先から親近感や安心感を感じますか? 

それとも混乱したり 警戒心を抱きますか? 

また冷静さを保って客観的に観察しながら交流できますか? 

心の準備が出来ていない時の出会いは、様々な感情を浮き彫りにします。 

人との出会いの中に現れる心理的なパターンは多々あります。

意外さに驚く。

舞い上がって喜ぶ。

突然に緊張する。

心が苦しくなる。

悲しくなって涙が出る。

ホっと安心する。

怒りや憤りの感情が込み上げて来る。幸せが広がる。

その相手によって自分の感情がどう反応するかは、実際に出会ってみなければ想像しにくい部分もあるかも知れません。

また人間との出会いと、動物や植物との出会いは全く方向性が異なります。

街中で犬や猫と出会うのと、人気の無い森の中で猪や熊と遭遇すること全く趣の違うものです。

海の中でイルカやクジラに近づくのと、突然に鮫と遭遇することも違います。

究極的なケースとして、いきなり目の前に人間の姿から掛け離れた異星人が現れたら一体どんな反応をするでしょう? 

予測不可能な状況下で自分の感情がどういう風に反応するかは、その状況と同じように自分でも予測しにくいと思います。

そのような経験が教えているのは、自分の中の境界線と許容量に関するものです。

その中には縄張り意識、人生の中での経験度の幅、落ち着きやゆとりの大きさ、洗練された儀礼や躾のあり方、コミュニケーション能力、偏見や思い込みの度合い、精神的なトラウマに関することなどが含まれます。これらが示唆しているのは、自分の中に存在している「制限」です。

制限を外すための最も効果的な方法は、経験値を伸ばすこと。

自分により多くの経験の深みを与えることで、未知への扉はネガティブな反応から好奇心や楽しみへと変容していきます。

☆2014年4月30日・2月25日 ☆2013年9月16日・8月17日・6月7日・2月25日

☆2012年12月18日の記事

アセンションの中で大きな位置を占めるのが地球外生命体との交流です。

あなたは宇宙人に対してどのような観念を持っていますか?

また実際に目の前に宇宙人がやって来た時に自分がどんな反応をするのか考えたことがあるでしょうか?

地球上の様々な国の古代遺跡には地球外文明の影響を明確に示唆している遺跡や発見物が数多く存在しています。

これから人類が対峙してゆく新次元の世界観はギャラクティックな内容も含んでいます。

人類にとっての最大のチャレンジは、自分の既成概念や思い込みを外して、どこまで異種的な存在を受け入れることが出来るかです。

異種、見知らぬ存在、人間とは違った様相の生命体への恐れの反応を考えてみましょう。

あなたは外宇宙とのコンタクトの準備ができていますか? 

エネルギーヒーリング基礎コース
▶まか~ウラのクレアヴォヤンス基礎コース


セッションのご予約・お問合せ
ブログの質問・感想などは電子メールで。

makaula@gmail.com


※お問い合わせを頂いた際に、ドコモ携帯でのメルアドの場合(@docomo.ne.jp)は返事を出しても戻って来てしまます。ドコモ携帯をお使いの場合は、ブロック機能を確認され、PCからでも受信できる設定にされるか、その他のメルアドからご連絡ください。 


▶その他のサービス内容はコチラへ 

▶まか〜ウラのプロフィールはコチラ


▼メルマガでお知らせが届きます☆
メルマガ購読・解除


 
一日一回クリックしてね☆

 




英語

アマゾン読者レヴュー ★★★★★




 [単行本(ソフトカバー)] 価格:     ¥ 1,890

世界的なベストセラー『聖なる予言』も刊行されてなかった1991年春。ひとりの青年がマチュピチュへ旅立った。そこで体験する常識をはるかに超えたスピリュチュアルな世界。色鮮やかなビジョン体験とUFO目撃談で綴る異色の旅行記。

いま世界中のチャネラーがペルーを目指す。 



0 件のコメント:

コメントを投稿